マーケターの思索〜使えるマーケティング情報サイト〜

 

プロダクト・ミックス|製品の組み合わせ

 

プロダクト・ミックスとは企業が揃えている製品の組み合わせです。

 

例えば、自動車は一つの車種だけを販売しているわけではありません。

 

メルセデス・ベンツはAクラス、Bクラス、…、Sクラスなどさまざまな車種をクラス分けして取りそろえています。

 

トヨタはセダンだけでも10種類以上、トヨタブランド以外にもレクサスなどのブランドを作り、数多くの車種を取り揃えています。

 

車種は、セダン、クーペ、SUV、ミニバン、ステーションワゴン、軽など豊富にあり、大衆、高級、商用など消費者の属性にも対応しています。

 

あらゆる製品を取りそろえる企業とは対象的に、特定分野の製品しか揃えない企業も存在します。

 

トヨタの連結子会社の日野自動車は、バスやトラックなどの商用車に特化した自動車メーカーです。

 

このような企業、あるいは事業単位ごとの製品の取り揃えをプロダクト・ミックスといいます。

 

企業の戦略によって、製品の品目数や種類は大きく異なっています。

 

これらは製品のラインアップを絞る、あるい全てをカバーするという企業ごとの製品戦略の選択によって品揃えが異なるのです。

 

製品は「幅」と「深さ」の2つの軸で構成されます。プロダクト・ミックスではどのような軸と深さを選択するのかを問われます。

 

単純に品揃えを充実させることがプロダクト・ミックスで重要なのではなく、戦略に合わせた効果的な製品を取り揃えることがプロダクト・ミックスで重要なのです。

 

ラインとアイテム

製品ラインとは製品の種類、品質、価格、顧客層や属性などについて、同質のグループです。ラインを製品の「」と表現します。

 

先の自動車の例では、セダンやクーペ、ワゴンなどがラインに当たります。

 

ラインの数が多いことを幅(ライン)が広いと言い、ラインが広いとは製品のカテゴリが多いことを意味します。

 

反対に、少ないカテゴリのことをラインが狭いと言います。

 

アイテムは特定のラインを構成している製品群の最小単位です。主に、カラーやサイズなどで分けられ、アイテム間はライン間と比べて、製品間の差異が小さいことが特徴です。

 

特定ラインのアイテム数が豊富なことを、アイテムが「深い」と表現されます。ちなみにテキスト次第では、アイテムを「ラインの奥行」と言います。

 

トヨタ自動車を例にすると、セダンのラインは、センチュリー、クラウン、カムリといったアイテムで構成されています。

 

プロダクト・ミックスの検討

プロダクト・ミックスを検討する際、製品ラインの幅とアイテムの深さという2つの次元を考慮に入れます。

 

企業は目標達成のために、最適なラインとアイテムの組み合わせを選択します。

 

ちなみに、あらゆるラインとアイテムを取りそろえることをフルラインと言います。

 

フルラインは、あらゆるセグメントをターゲットにするフルカバレッジ同様、カテゴリ内のあらゆるニーズに対応することが可能になります。

 

しかし、全品目を網羅するのは非常に莫大な費用がかかるため、多くの企業は実行できません。

 

幅広い製品ラインを用意して市場の幅広いニーズに対応するのか、狭いラインだがアイテムの深さで特定ラインを重点的に狙うのか、ラインもアイテムも少ないが低価格による価格に敏感な層を捕まえるのかなど、企業の戦略や方針も考慮してプロダクト・ミックスの検討を慎重に行います。

 

下図に、架空の日用品メーカーのボディソープのプロダクト・ミックスを図示しました。

 

製品を幅と深さの2次元で捉えることで、どのように製品をミックスさせるか、競合はどのようなプロダクト・ミックスを取っているのか視覚的に比較できます。

 

新製品を開発する際は、自社のプロダクト・ミックスを視覚的に表して、既存製品と市場を共食いしてしまう製品を開発しないよう確認しなければなりません。

 

プロダクト・ミックス。製品を2つの軸を用い2次元で表しています。横軸が製品ラインの幅、縦軸がアイテムの深さを表しています。

プロダクト・ミックス|製品の組み合わせ 関連ページ

マーケティングって何だ?|マーケティングの定義
誰がマーケティングをするのか、何をマーケティングするのか
マーケティング・コンセプトの変遷
マーケティングの基本概念|ベネフィット、価値、他
マーケティングの基本概念|ニーズ、市場
マーケティングの課題
マーケティング活動のプロセス
PEST分析│企業のコントロール外にある環境の分析
3C分析|業界環境の分析
SWOT分析@|組織内外の環境分析
SWOT分析A|組織内外の環境・内部分析
マーケティング目標の設定
セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング|STPの概要
セグメンテーション(市場細分化)
セグメンテーションの軸1
セグメンテーションの軸2
標的セグメントの要件
ターゲティングのアプローチの種類
ポジショニングの基礎
戦略的ポジショニングの構築
戦略的ポジショニング構築の手順
マーケティング・ミックス|マーケティングの4Pとは?
4Pがなぜ重要なのか
製品(Product)
製品の分類
消費財の購買態度による分類|最寄品、買回品、専門品、非探索品
現代における製品の捉え方
製品の差別化で競争優位性を獲得する
製品ラインのデザイン
新製品開発のプロセス
製品ライフサイクル|製品にも寿命がある
製品ライフサイクル|各段階のマーケティング上の特徴と対応
価格(Price)
価格設定(プライシング)の重要性と従来型の価格設定の問題点
価格設定に役立つ3つの観点
新製品の価格戦略│スキミング・プライス、ペネトレーション・プライス
価格は目的に応じて設定する
様々な価格設定法
流通(Place)
流通チャネルの種類
チャネルの段階数│生産者から消費者までの距離
3種類のチャネル政策
マーケティング・チャネルの設計1――顧客の望むサービスの水準、チャネルの目的
マーケティング・チャネルの設計2|チャネルの長さ、政策、メンバーの決定
チャネルのマネジメント
プロモーション(Promotion)
プロモーション・ミックス|様々なプロモーション手法
プッシュ戦略とプル戦略|売り込む戦略、需要喚起の戦略
コミュニケーション・プロセス・モデル|メッセージはどのように伝わるか
情報の伝達経路|いかにして消費者にメッセージが到達するか
効果的なプロモーション戦略の設計・前半
効果的なプロモーション戦略の設計・後半
広告:5つのM【プロモーション・ミックス】
販売促進(セールス・プロモーション)【プロモーション・ミックス】
人的販売【プロモーション・ミックス】
パブリシティとPR(Public Relations)【プロモーション・ミックス】

トップページ はじめに お問い合わせ ブログ