マーケターの思索〜使えるマーケティング情報サイト〜

 

ブランドとは何か?│ブランドの定義とブランド要素(エレメント)

 

ブランドって何?

ブランドの由来は家畜の識別のために「焼印を押す(brand)」ことにあるといわれています。

 

この由来からわかる通りブランドは商品やサービスを識別するための役割を持っていて、今日のマーケティングではブランドの役割は重要視されています。

 

しかし、ブランドとは「識別」の役割を持っているのはわかりますが、「ブランドというのは何なのか?」と問われると要領を得ません。

 

ブランドと聞くと、あなたは何を連想しますか?

 

この問いを見て、ブランドの意味を思い浮かべるよりも、実際にあるブランドを思い浮かべると思います。

 

例えば、銀座・並木通りに店舗を構えるような高級ファッションブランドだったり、自分が所有している自動車のメーカーだったり、普段飲んでいる清涼飲料水の銘柄を思い浮かべるかもしれません。

 

実は、ブランドとは商標を指すのではなく、もっと多くの意味を持ちます。ちなみに、ブランド(brand)と商標(trademark)は誤解されやすいですが別物です。

 

ブランドと聞いて連想したものは特定の商標や銘柄だと思います。それらは確かにブランドに間違いないでしょうが、ではブランドとは何でしょうか?

 

自動車メーカーや家電メーカー、飲料水、ファッションなどのブランドの例はいくらでも挙げることができます。

 

メーカーのブランドだけでなく、製品のブランドまで入れるとキリがありません。

 

しかしブランドの具体的な例を列挙してもブランドの本質についてはなかなかわかりません。具体的なブランド名は分かっても、ブランドの実体はぼんやりしていて掴めていないのですから当然のことです。

 

ブランドの定義とブランド要素(ブランド・エレメント)

ブランドは私たちが商品を買うのに重視している要素の一つです。

 

そして企業は私たちがブランドを購買要素として重視していることを認識し、ブランドの構築に躍起になっています。

 

しかし、ブランドの重要性は認識しても、ブランドとは何なのかが未だにはっきりとしていません。

 

ブランドが何によって成っているのかが分かっていないのですから、このままではこれからブランドをどう作っていけばいいのか、全く戦略が練れません。

 

では、ブランドとはどう定義されているのでしょうか、それを明らかにしていきましょう。

 

アメリカ・マーケティング協会(AMA)が以下のようにブランドを定義しています。

 

個別の売り手もしくは売り手集団の商品やサービスを識別させ、競合他社の商品やサービスから差別化するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはそれらを組み合わせたもの。

 

つまり、ブランドとは「他社と自社との商品あるいはサービスを識別させるもの」を指します。

 

そして、実際に商品が「ブランド」として識別されるには以下が用いられます。

 

名称 商標 標語 メッセージ デザイン シンボル イメージ サウンド

 

以上からブランドが成り立っており、これらをブランド要素(ブランド・エレメント)と言います。

 

これら一つひとつが「ブランド」として識別される要素ですが、マーケティングによって顧客との関係が出来上がって初めてブランドが認識され、ブランドとして識別されるという役割を全うします。

 

自社がブランドと思い市場に導入したとしても、市場からは他の製品と何ら区別されていないのであれば、それはブランドの意味を成していないのです。

 

このため、新しくブランドを作ろうとして、新商品に名称を付けた瞬間にブランドが生まれるわけではありません。

 

具体的にどういうものがブランドなのかという問いには、実際のブランド名をすぐに答えられるのに、ブランドとは何かという問いに詰まるのはこれら要素が複合的に絡み合い、ブランドを形成していることが要因です。

 

また、さまざまな要素があるため、ブランドのどの要素に高い価値があるのか判断し辛くなり、ブランドのマネジメントを困難にしている要因でもあります。

ブランドとは何か?│ブランドの定義とブランド要素(エレメント) 関連ページ

ブランドの機能
ブランドへの誤解
色んなブランド|ブランドの種類

トップページ はじめに お問い合わせ ブログ